スポンサードリンク


2008年11月29日

三大 疾病保険の特徴

三大 疾病保険は、「特定 疾病保障保険」と呼ばれることもあります。
大きな特徴と言えばやはり、指定された特定の疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)に対してのみ適用される、ということでしょうか。

また三大 疾病保険の場合、がん・脳卒中・急性心筋梗塞になった時に、保険金を一括で受け取ることができます。
通常の医療保険の場合ですと、後払いということも多いので、すぐに現金を受け取りたい場合は助かる保障です。

終身型と定期型に分類されており、終身型の方が保険料は高いですが、最終的にはそちらの方が安心できるということは、前の記事で書きました。
どれくらい高いのかというのは保険によって様々なのですが、一般的には2割〜4割ほど高くなることが多いです。

ただいくら保険料が割高と言っても、高すぎるのは問題です。
疾病保険は「万が一」の時に備えるものです。

毎月のやりくりが困難になるほどの保険料なら、減額か解約を検討するべきでしょう。
最近は保険会社同士の競争が激しくなっているので、以前に比べて手頃な価格でしっかりとした保障をつけることも可能になっています。

思い切って保険会社に相談してみるのもいいかもしれません。
ほとんどの保険会社は、電話での無料相談を受け付けています。

また最近は、三大 疾病保険と似た保障をもつものとして、三大疾病特約があります。
前者がオプション的な役割をもった単独の保険であるのに対し、こちらは完全にオプション品です。

通常の入院保険・死亡保険にオプションとしてつけるものです。
値段は保険会社・保障プランによって異なりますが、基本保険料プラス数千円の所が多いです。

三大 疾病保険に比べると割安なので、最近はこちらの方が人気が出てきています。

もし既に入院保険や死亡保険に加入していて、三大疾病に対する保障もつけてみたい・・・という場合は、
この特約をつけることができるかどうか、ご加入の保険会社に問い合わせてみるのもいいかもしれません。
タグ:疾病 保険
posted by モグ at 20:12| Comment(0) | 疾病 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。